スムージープチ断食は我慢しなくていい!

スムージーを使ったダイエットは、他のダイエットに比べて制限が少ないです。食事のどれかをスムージーに置き換えたり、断食で体内の調子を整えたり、間食のかわりにスムージーを飲んだり・・・。という風に、自由度が高いのが魅力です。

 

短期間で結果を出したい人はプチ断食→夕食置き換えという流れで行えば、食べ過ぎを防ぎながら効率的にカロリーカットを行うことができます。長期間のダイエットなら朝食をスムージーに置き換えるだけでも結果は出ます。

 

短期間・長期間のどちらにも言えることは、スムージーに置き換える時以外は好きなものを食べて良いということです。ダイエットでよくある「○○しか食べてはいけない」というような決まりがないので、全然ストレスになりません。

 

そもそも、我慢するダイエットは続きません。普通、ダイエットといえば我慢の連続ですが、これが失敗の原因です。

 

我慢するダイエットは続かない

今まで何度もダイエットに挑戦し、失敗した人には共通点があります。それは、我慢しすぎていることです。

 

  • カロリーの高い食事は避ける
  • 脂っこいものは一切食べない
  • 夜は野菜だけ、ご飯は抜く

 

このようなダイエットはまず続きません。昔から習慣的に行なっている人なら別ですが、今までドカ食いしたり脂っこいものが好きだった人が、いきなりそれをやめるなんてできませんよね。3日続けば良いほうです。

 

また、「ダイエット中だから」という理由で、友達とランチに出かけてもサラダしか食べなかったり、飲み物は水だけ・・・。これではストレスが溜まって当然です。

 

こういうダイエットはまず続きません。

 

  • 今日は好きなものを食べて良い日にしよう
  • 明日からまた我慢すればいい

 

何日かすればこんな考えになってしまい、知らず知らずのうちにダイエットが終わってる・・・。これがよくあるパターンです。

 

でも、これはあなたの意思が弱いからとか、そういう問題ではありません。ちゃんとした理由があるんです。

 

ストレスで食べようとしてしまう

食べ物を我慢するストレスが強くなると、体の交感神経が活発になりますが、おいしいものを食べると、副交感神経が刺激され、ストレスが緩和されます。

 

これは本能的なものなので、意思とは関係ありません。体がストレスから身を守るために食べようとしてしまっているんです。

 

つまり、我慢するダイエットや、ストレスが溜まるダイエットを続けても、成功しないのは当たり前。食べるのを我慢すればするほど、体は食べ物を欲してしまうんです。

 

ダイエットからの開放感でリバウンド

ダイエット中は我慢できたとしても、ダイエットが終わった途端、その我慢の反動は必ず現れます。リバウンドはもちろん、ダイエットする前よりも食欲が増え、以前よりも太ってしまったという人はたくさんいます。

 

ダイエット=我慢ではありません。痩せたいなら、我慢しないことが必要不可欠です。

 

ストレスで太ってしまうのは皆さんもご存じかもしれません。就職や転職をしたら太ってしまったという人がいますが、これも同じく我慢やストレスが原因です。ストレスを感じるとそれだけ食べる量も増えてしまうので、日々のストレスもできるだけ発散していきましょう。

 

我慢するダイエットは古い

昔は「楽に痩せられるわけない」とか、「太っている奴は我慢しないとダメだ」などと言われていましたが、これは古い考え方です。

 

ストレスが溜まればリバウンドや失敗につながりますから、できるだけラクに、簡単に痩せられるダイエット法が良いに決まってますよね。

 

詳しくは失敗しやすいダイエット法で個別に解説していますが、これらのダイエット法は痩せられたとしても、開放感からリバウンドしてしまいます。

 

スムージーダイエットなら、我慢しなくていいだけでなく、早い段階で結果が現れます。「お腹が凹んだ」「便通が良くなった」「体重が減った」などの効果がすぐに目に見えるわけですから、モチベーションの維持にも繋がりますし、いつまでも続けられるのでリバウンドもありません。

 

スムージーの摂取をやめてしまっても体重がすぐに戻ることはないでしょう。プチ断食を行えば、少しの量で満腹になれるので、とてもおすすめです。断食中はスムージーの摂取が可能ですから、空腹に悩まされることもありません。