スムージーダイエットで必要なもの

スムージーダイエットに必要なものを紹介します。スムージーは手作りで1から作っていく場合と、粉末タイプを使う場合がありますので、自分がやりたい方を選んでください。

 

ちなみに、当サイトではダイエットを目的としている人に向けて記事を書いているので、ダイエットに最適な粉末タイプを推奨しています。

 

 

手作りスムージー

手作りスムージーで用意するもの
  • 季節の野菜や果物
  • ミキサー(ブレンダー)・ジューサー
  • 計量カップ
  • 水(豆乳など)

 

手作りの場合、野菜や果物は自分で揃えなければなりません。生で食べるものなので、できれば有機野菜(オーガニック)を選びましょう。

 

また、ミキサー選びも重要ですが、スムージーを作る人によって好みが分かれるようです。

 

酵素を中心とした考えだと低速ジューサーの方が良いと言われていますが、実際はそこまで関係ありません。ミキサーの熱で酵素が壊れると思うなら低速にしましょう。

 

スムージーが紹介されている本にもミキサー選びについて書いてありますが、高速回転するミキサーを推奨していることもあるので、そこまで違いはないと考えて良さそうです。

 

むしろ高速回転する方が口当たりが滑らかで、皮まで細かく砕けるのでおいしくて時短になります。

 

粉末スムージー

粉末スムージーで用意するもの
  • スムージー粉末
  • 水(豆乳など)
  • シェイカー

 

粉末は野菜やミキサーを用意しなくて良いので簡単に作ることができます。ミキサーの代わりにシェイカーが必要ですが、ほとんどの場合はスムージー購入時についてくるので、購入するものは粉末スムージーだけになります。

 

シェイカーはどれもほとんど同じですが、メモリが付いている方が使いやすいです。メモリがついていれば計量カップを用意しなくて済みますので、洗い物が少なくなります。

 

また、飲み口にキャップがついているタイプのシェイカーは持ち運びにも便利で、職場などで作って簡単に飲むことができます。

 

別途用意したほうがいいもの

あったほうがいいもの
  • 体重計
  • ノート

 

スムージー作りには関係ありませんが、ダイエットするなら体重計とノートは用意しておきたいところです。

 

レコーディングダイエットは毎日食べたものと体重を記録するダイエット法ですが、スムージーダイエットでも取り入れたほうが良いです。

 

毎日どんなスムージーを飲んだのか(手作りの場合)、体重の減り具合、どの時間帯にお腹が空いたかを記録しておくと便利です。

 

毎日記録しておけばだいたいどれぐらいで空腹になるかが把握できますし、スムージーを作る量も変えられます。体重の増減を可視化すればモチベーションのアップにもなるので、メリットしかありません!

 

アプリよりノートがおすすめ

スマートフォンのアプリでレコーディングダイエット用のアプリがありますが、個人的にはノートの方がおすすめです。手間はかかりますが、毎日積み上げてく楽しさと見返しやすさ、手を使って書くことで意識が高まるのでノートが良いと思います。

 

アプリだとついつい記録するのを忘れてしまったりするので、小さめの手帳にメモしておくだけでもかまいません。

 

体重計はダイエットするなら欠かせないアイテムです。体重計は体重を確認するだけでなく、自分が頑張った証を確認するためものでもあります。

 

中には体重計を使わずにダイエットする人もいますが、体型に変化が現れるには割と時間がかかるので、やはり体重計で毎日確認したほうがいいです。

 

これはレコーディングするためでもありますが、一番はモチベーションのためです。ダイエットは続けなければ痩せられないので、続けるために頑張った証を毎日チェックしましょう。(万が一体重が増えていても落ち込んではいけませんよ!)