産後に伸びた皮は戻る?ダイエットで皮が残る心配は?

妊娠して伸びたお腹の皮は、出産後にたるんでしまったり、シワになってしまうことがあります。太った人によくできる肉割れのようなシワになることもあり、見た目がとても悪くなります。

 

産後すぐは誰でも皮は伸びた状態になるのですが、そこからちゃんと戻るかどうかが重要です。産後のケアをしっかり行わないと、ずっと伸びたままの状態になってしまうので注意しましょう。

 

出産後、お腹の皮は伸びたままになる?

 

産後は誰でもお腹の皮がたるんだ状態になります。今までお腹の中に赤ちゃんが入っていたわけですから、当たり前ですよね。

 

皮が戻るタイミングは、出産のために柔らかくなった骨盤や、大きくなった子宮が元の大きさに戻るのとほぼ同時です。最初はダルダルだった皮も、徐々に引き締まっていくんですね。

 

特に、完母で子育てをしている人の場合、カロリーの消費や子宮の収縮スピードの関係もあって、お腹のたるみも引き締まりやすいと言われています。

 

とはいえ、完母であっても完全に元の状態に戻ることはほとんどありません。妊娠線でシワシワになったり、肉割れや皮のたるみが残ってしまうことの方が多いんですね。

 

私の母も昔から細身だったそうですが、妊娠と出産でケアを怠ったために、少し皮が残っています。完母で育ててくれたそうですが、妊娠線もくっきり残っていて、もっとケアをしておけばよかったと言っていました。

 

 

キレイに痩せて皮が残らない人がいるのはなぜ?

 

芸能人やモデルさんは、出産してからもほとんど体型が変わらないですよね。こういう人たちは、体型を維持するために色々な努力をしています。

 

  • 産後に太らないように気をつけている
  • 普段から運動している
  • 徹底的なケア

 

産後太りに気をつけている

産後は育児のストレスや母乳の関係もあって、どうしても食べる量が増えてしまいます。完母の場合、1食分ぐらいは多く食べても問題ありませんが、それ以上食べれば確実に太ります。

 

また、妊娠中はほとんど動かないので、産後の基礎代謝はとても低くなっています。そのため、普段よりも余計に太りやすいんです。

 

産後に太ってしまうと、伸びきった皮がそのまま定着することになり、縮みにくくなってしまいます。産後太りを事前に予防しておけば、体型が崩れることもなく、妊娠前の状態まで戻すことができるんですね。

 

普段から運動している

産後に体型を維持する人の多くは、普段から健康体で、こまめに運動しているというケースが多いです。妊娠する前からちゃんと運動して基礎代謝を上げておけば、産後も太りにくい体質を維持することができます。

 

妊娠〜産後すぐは運動ができないので、少し歩くのも一苦労です。こんな状態で運動はできませんから、基礎代謝は下がる一方です。

 

そうならないように、普段から基礎代謝を上げておくことが重要です。運動だけでなく、健康的な食事も基礎代謝アップに繋がります。

 

徹底的なケア

芸能人やモデルさんの皮が目立たないのは、ケアを徹底しているからです。ボディクリームで保湿をするのはもちろん、エステやマッサージで皮膚戻しに全力を注いでいます。

 

また、お腹の皮を縮ませるために、収れん作用を促すボディクリームも使います。保湿・マッサージ・収れん作用の3つがポイントです。

 

収れん作用とは、肌を引き締める作用のことです。収れん作用を促すクリームを使えば、皮膚が戻るのを手助けしてくれるので、皮が引き締まりやすくなります。

 

ここまでやらないと戻らないの?

 

伸びた皮を元の状態に戻すのはとても難しいことです。ここまでやっても戻らないこともあります。

 

しかし、ここまでやる必要もありません。伸びきった皮を元に戻すだけなら、もう少し簡単なケアで十分に効果が出ます。

 

たるんだ皮を元に戻すには?
  • 骨盤ベルト
  • 日常生活に取り入れられるストレッチ
  • 食べすぎない
  • ボディクリーム

 

骨盤ベルト

骨盤ベルトをしっかり巻いて、骨盤を戻すことでお腹のたるみを防ぐことができます。骨盤が開いたままだと脂肪がついてしまいます。

 

最初に書いた通り、皮膚は骨盤や子宮と一緒に縮んでいくので、骨盤ベルトで骨盤を戻せば、皮も元に戻りやすくなります。

 

簡単なストレッチ

産後すぐは有酸素運動や筋トレができないので、日常生活に取り入れられる簡単なストレッチを行いましょう。

 

病院などでもおすすめされている産褥運動は積極的に行い、1日中意識してお腹を引っ込めたり、姿勢を正して生活すると効果的です。

 

たったこれだけ?と思うかもしれませんが、たったこれだけで全然違います。お腹が出たままの状態で生活すると、皮が伸びきった状態に慣れてしまい、戻りにくくなってしまいます。そうならないように、お腹を引っ込めて皮が伸びないようにするんですね。

 

もし、お腹を引っ込めるのが辛いという場合は、サランラップや腹巻きを巻いて、強制的にお腹が出ないようにするだけでも効果があります。

 

食べ過ぎない

 

授乳中はどうしてもお腹が空いてしまいますが、過剰に食べるのは我慢しましょう。産後太りは皮が戻りにくくなってしまうだけでなく、たるみやシワの原因にもなります。

 

完母の場合、普段の食事+600キロカロリーぐらいが限度で、これ以上食べると母乳として使われず、脂肪になってしまいます。

 

もし、どうしても間食がやめられないという時は、グリーンスムージーを間食代わりに飲むのがおすすめです。グリーンスムージーは低カロリーで腹持ちが良く、栄養がたっぷり入っているので、産後の間食代わりに向いています。

 

 

ボディクリームを使う

最も手軽な皮のケアはボディクリームです。産後用のクリームは最低限行うべきケアの一つで、妊娠線を予防したり、皮膚のたるみを引き締める効果があります。

 

クリームにも色々な種類があり、効果もそれぞれ違います。保湿メインのものや、引き締めをメインとしたもの、皮膚だけでなくお腹のお肉も引き締めるものなど、色々あるので自分の目的に合ったものを選びましょう。

 

痩せたのに皮だけ残ってしまう原因

せっかく痩せたのに皮だけ残ってしまった・・・。と悩む人も多いですが、その原因は急激なダイエットとケア不足です。

 

産後はすぐに太ってしまう時期ですが、同時にダイエットをすれば痩せやすい時期でもあります。そのため、普通の人と同じダイエットを行うと、急激に痩せてしまう危険があります。

 

特に、○○だけしか食べないというような食事制限は、基礎代謝を下げてしまい、筋肉が残らないので皮が残りやすいです。

 

 

皮を残さないダイエット法

皮を残さないようにするには、食事制限を行わず、基礎代謝を上げ、新陳代謝を高める必要があります。

 

新陳代謝を高める

 

新陳代謝が正常に行われていれば、自然に皮は戻っていきます。ほとんど変わらないように感じるかもしれませんが、実は年に1センチ〜2センチ程度は戻っています。

 

この働きを良くするには、汗を流したり、食事を見なおしたりして、新陳代謝を高めて古い細胞をできるだけ早く排出するのが効果的です。

 

きつい食事制限は痩せこそするものの、筋肉量が減って基礎代謝が下がるため、皮だけ伸びきったままになってしまうんです。

 

筋トレと食事管理を行えば、ちゃんと綺麗に痩せられるのはCMでも証明済みです。最近よく流れるライザップのCMで、太っている人がムキムキになっていますが、皮が伸びている様子はありません。

 

ムキムキになるほどの筋肉をつける必要はありませんが、少しでも筋トレを取り入れるようにすると、皮はちゃんと戻ってくれます。

 

スムージーを取り入れることでさらに効果的に

 

実は、筋トレと食事管理だけではまだ少し物足りません。食事管理にプラスして取り入れたいのがスムージーの摂取です。食事管理のプラスαという形で、習慣として取り入れてほしいものです。

 

スムージーには基礎代謝をアップする栄養が沢山入っているので、新陳代謝アップを手助けしてくれます。

 

 

食物繊維で便秘解消

スムージーに含まれる食物繊維は、腸内環境を整えて便秘になりにくい状態にしてくれます。

 

便秘は基礎代謝を下げ、肌荒れや肥満の原因になります。便秘解消はぽっこりお腹の予防にも繋がりますから、皮膚を縮ませるには欠かせません。

 

体内環境を整える

スムージーは低カロリーですが、栄養がたくさん入っているため、満腹中枢を刺激して少ない量でも満足できるようになります。つまり、食べる量が減るんですね。

 

食べる量を減らすことで内臓が休まり、活発に働けるようになります。内臓が活発化すると、毒素の排出や古くなった細胞がちゃんと排出されるため、お肌をキレイに保つことができるようになります。

 

産後のお腹のたるみやシワを防ぐには、外と内の両側からケアすることが重要です。筋トレだけ、食事制限だけでは不十分なので、両方をバランス良く行うようにしましょう。