外出できない!産後ダイエットってどうやればいいの?

よく、産後ダイエットは6ヶ月以内に体型を戻さないと痩せにくくなるといいますが、これは本当ですか?

 

6ヶ月以内とは言っても、子供がある程度大きくなる前ではそばに居てあげないといけないし、何より自宅に置いたままウォーキングしたり、ランニングしたりできないですよね。

 

そうなると、できたとしてもせいぜい3ヶ月目ぐらいからだと思うのですが、それでも体型を妊娠前の状態まで戻すことって可能なんですか?

 

完母なのでお腹はすくし、食べたいときに食べ、夜泣きであまり寝られないので昼間に寝ているため、太るだけで痩せる気配は一切ありません。

 

こんな状況で痩せるにはどうすればいいんでしょうか?とても悩んでいます。

 

基本は自宅でダイエット

1ヶ月検診で異常なしと言われたら、普段通りの生活をすることができます。ほとんどの人がこの時点でダイエットをやり始めますね。

 

とはいえ、質問にもあったように、赤ちゃんを家に放置することはできないので、基本は自宅でできるダイエットを中心に行います。

 

骨盤矯正

妊娠前のスタイルにするには、骨盤戻しは絶対に必要です。妊娠中は、赤ちゃんを生むために、骨盤を柔らかくするリラクシンという女性ホルモンが分泌されます。

 

産後すぐはこのホルモンの効果がまだ残っているため、骨盤が非常に不安定な状態です。ここでしっかり矯正しないと、体が歪んだり、慢性的な腰痛や肩こりの原因になります。

 

骨盤戻しにはいろいろな方法がありますが、矯正用のガードルやベルトを使いながら、ストレッチするのが一般的です。

 

骨盤の歪みは産後太りの原因のひとつです。骨盤が広がったままだと、その分脂肪も乗ってしまいますので、しっかり締めて痩せの土台作りをしましょう。

 

産後の運動は骨盤矯正だけでOKです。時間が経ったらウォーキングなども始めていく必要がありますが、子供を置いたまま外出することはできないので、3ヶ月ぐらいまでは骨盤矯正に励みましょう。

 

骨盤矯正を始めるタイミングについてですが、出産してすぐは体のバランスが不安定な状態で危険です。なので、ストレッチは産後2ヶ月ぐらいから始めましょう。

 

骨盤矯正ベルトは、トコちゃんベルトなら産後直後から使えます。他のベルトの場合、産後すぐに着けてはいけないものもあるので注意しましょう。(病院の先生からもトコちゃんベルトがオススメされるはずです。)

 

食事管理

完母の場合、産後すぐの食事制限は赤ちゃんにも影響が出るためNGとされていますよね。ですが、だからといって何でもかんでも欲望のままに食べても良いというわけではありません。

 

完母だからといって好きなだけ食べれば当然太りますし、乳腺炎などの心配もあります。なので、産後は食事管理を行いましょう。やり方は単純です。食べたものをチェックして、どれぐらいカロリーを摂取しているか調べます。

 

授乳中に必要な女性の摂取カロリーは妊娠前+600キロカロリーぐらいです。約1食分ですね。つまり、産後に太らないようにするには、1日4食ぐらいを目安にすれば良いんです。

 

食べるものの質も重要です。満腹中枢は、食べたものの量ではなく、栄養の量に刺激されるので、低カロリーで高栄養なものを選ぶのが良いです。

 

例えば、600キロカロリーのケーキと600キロカロリーの和定食の場合、明らかに和定食のほうが満足度が高く、腹持ちも良いですよね。これは単純な量の差ではなく、栄養がたくさん含まれているからなんです。

 

これを踏まえると、間食に選ぶものも自然と変化するはずです。低カロリーで高栄養なものを選ぶようにすると、満腹度が持続し、食べる回数が減るので、太りにくくなりますし、母乳で自然に痩せていきます。

 

間食に摂取するもので私がおすすめしているのはグリーンスムージーです。グリーンスムージーは栄養が沢山入っていて、1杯20キロカロリー前後です。食物繊維のおかげで腹持ちも良いので、産後の食べ過ぎを防ぐのに便利です。