産後ダイエットでリバウンドはあるの?

産後ダイエットでリバウンドすることってあるんですか?母乳のおかげで急激に体重が落ちたんですが、あまりにも減るんでリバウンドが心配です。

 

それと、出産してから頑張って10キロ痩せたんですが、そこからがなかなか落ちません。それどころか、少しずつ増えている時もあって、このままだとブクブク太ってしまうのではないかと心配です。

 

産後はすごい勢いで体重が減っていく

母乳育児の場合、普通では考えられないほど体重が減っていきます。母乳だけで1日に500キロカロリー前後消費するので、食べる量が変わらなければどんどん落ちていきます。

 

そうなると心配になるのはやはりリバウンドです。ダイエットの常識は、激痩せ=リバウンドですから、痩せすぎるのも気になってしまいますよね。

 

結論から言うと、産後ダイエットでもリバウンドはあります。色々なポイントに気をつけないと、せっかく落ちた脂肪がまた付いてしまい、痩せにくくなってしまいます。

 

特に気をつけたいのが断乳後ですね。母乳によるカロリー消費がなくなってしまうので、以前と同じ食生活を続けると一気にリバウンドします。

 

産後にリバウンドしないためのポイント

カロリーをコントロールする

母乳を出しているとき、食べても食べても太らないケースが多いですが、そのままの生活を続けると断乳した途端にリバウンドするので、少しずつカロリーを抑えていきましょう。

 

カロリーコントロールの方法は簡単で、まずは食べたものをノートなどにメモしておき、だいたいの摂取カロリーを把握します。

 

年齢や運動量によっても変わりますが、授乳中に必要な摂取カロリーは2500〜2800キロカロリーが平均値になるので、これぐらいを目安にすると良いでしょう。

 

断乳したら母乳の分がなくなるので、1800〜2200キロカロリーが目安になります。断乳が近づいてきたら、この数値を目指してカロリーをコントロールしていきましょう。

 

食べる量を減らす

カロリーコントロールに似ていますが、食べる量を減らすのも大きな意味があります。食べる量が多いと、満腹になるまでのセンサーが働きにくくなるので、断乳してからも食欲が止まらなくなってしまいます。

 

多くの人が勘違いしているのですが、「満腹=胃が満タンになること」ではありません。必要な栄養をしっかり摂取すれば、自然と満腹感を得られるようになります。

 

満腹を感じるセンサーは、カロリーの量に反応するのではなく、栄養の摂取量に反応します。どういうことかというと、スナック菓子を800キロカロリー分食べるよりも、野菜のたくさん入った鍋を500キロカロリー分食べるほうが満腹を感じやすいということです。

 

つまり、産後のリバウンドを防ぐには、高栄養で低カロリーなものが良いということです。産後はストレスでおせんべいやお米をドカ食いしてしまいがちですが、それでは食べても食べても満腹になりにくいので、必要な栄養をバランスよく摂取するようにしましょう。

 

間食を変える

母乳を出している間は多少の間食があってもスムーズに体重が落ちていきますが、母乳をやめからも間食を続けていれば当然太ってしまいます。

 

間食をやめるのもなかなか難しく、結構根気がいります。毎日のように間食を食べていると脳がその時間を記憶してしまい、いつもの間食の時間が来ると「間食を摂れ」という命令を出すようになります。

 

これを止めるには、自分で食べないように我慢するしか無いんですね。大体1ヶ月もすれば収まっていますが、とても難しいです。

 

なので、私は間食を別のものに置き換える方法をおすすめしています。

 

食べる量を減らすという項目でもお話しましたが、低カロリーで高栄養がとても重要です。ここで甘いお菓子を選択してしまうと、満腹にならず腹持ちが悪いので、少ししてからまた食べたくなってしまうんです。

 

なので、私が間食におすすめするのはグリーンスムージーです。私も産後に摂取していました。低カロリーなものはたくさんありますが、栄養が沢山入っているものってあまりないんですよね。

 

グリーンスムージーは栄養がしっかり入っていて低カロリーなので、産後の間食にぴったりだと思います。

 

高栄養で低カロリーといえば酵素ドリンクもありますが、腹持ちはあまり良くなく、満腹感もあまりないのでオススメできません。高いですし・・・。

 

間食を無理やり我慢する人もいますが、大抵はすぐに欲に負けてお菓子に手が伸びてしまうので、置き換える方法が安全かつ確実です。

 

以上の3点をしっかり守れば、産後のリバウンドの心配はほとんどありません。運動も重要ですが、まずは食生活を改善しないと運動の効果も現れませんので、まずは食生活を普通の状態に戻していきましょう。