産後の食欲を抑える方法は?食べても痩せるって本当なの?

産後の食欲は歯止めが効かなくなりますよね。異常なほど食べてしまい、あっという間に体重が増え・・・。なんてことも珍しくありません。

 

食べる量が増えても、母乳として使われれば体重は徐々に減っていきます。しかし、食べる量が異常なまでに増えてしまうと、完母でも使い切れないほどの摂取カロリー量になってしまいます。

 

よく、「食べたものは母乳で出るから好きなだけ食べなさい」といいますが、これは半分正解で半分不正解です。なんでもかんでも食べまくれば太るのは当然ですし、完母だからといって安心できるわけではありません。

 

母乳で出るから食べても良いはウソ?

 

母乳として使われるからたくさん食べたほうが良いのは本当です。しかし、何を食べても良いというわけではありません。

 

完母の場合、1日の授乳で出て行くカロリーは600〜800キロカロリー前後ですので、お母さんが食べても良いカロリーは普段の食事+母乳のカロリーということになります。

 

食欲があるからといって食べまくっていると、簡単に母乳のカロリーを超えてしまい、余計な脂肪として体に蓄えられていってしまいます。

 

同じカロリーでも質が違う

そこで重要になるのが食事の質です。同じカロリーでも、食べ物の質を変えれば食欲を抑えることができ、さらに母乳の分のカロリーも上手に摂取できるようになります。

 

例えば、400キロカロリーの菓子パンを1個食べただけでは、ほとんどお腹は膨れません。その場ではお腹いっぱいになっても、少しすればすぐにお腹が空き、また間食してしまいますよね。

 

これは、菓子パンに含まれている栄養の少なさが影響しています。菓子パンはカロリーは高いですが、体に必要な栄養はあまり入っていません。そのため、脳が栄養不足を感じて、「もっと食べろ!」と命令を出すのです。これがすぐにお腹が空いてしまう原因です。

 

これを防ぐためには、栄養素がたくさん入っているものをちゃんと摂取する必要があります。つまり、カロリーが低くても、栄養さえしっかり摂取していればお腹は空きにくくなるんですね。

 

毎食+間食に栄養を取り入れる

 

食欲を抑え、なおかつ母乳をしっかり出し、ちゃんと痩せていくには毎食のバランスの見直しと、間食を変えることが必要になります。

 

例えば、朝・昼・晩と野菜をしっかり取り入れたり、お米を多めに食べるなどでOKです。母乳で必要になる600〜800キロカロリーを1食で摂取するのではなく、少しずつ摂取するイメージです。

 

こうすることで間食の量も減り、カロリーもしっかり補えるようになります。

 

そしてさらに肝心な間食についてですが、これはできるだけ低カロリーでお腹を満たすものを中心に摂取するのが望ましいです。

 

おそらくこれを読んでいる皆さんは、毎回の食事の量が多いのに、しっかり間食しちゃっている人が多いと思うんですよね。これだとカロリー過多になってしまうので良くありません。

 

食事の量が多い人は、間食は低カロリーで腹持ちが良いものを選ぶようにしましょう。

 

間食におすすめなグリーンスムージー

 

私は、間食に摂るものとしてグリーンスムージーをおすすめしています。腹持ちもよく栄養素もたっぷりで、尚且つ低カロリーと、まさに産後におすすめの飲み物だからです。

 

青汁や酵素ドリンクを飲む人もいますが、産後太りを気にするなら絶対にグリーンスムージーのほうが良いです。

 

 

最近は青汁ブームが再燃していますが、間食には向いていません。腹持ちが悪いので、飲んでもすぐにお腹が空いてしまうんです。

 

高カロリーなパンやお菓子を食べるよりは栄養が入っている分青汁のほうがマシですが、空腹をガマンする努力が必要になってしまうかもしれません。腹持ちという点ではスムージーに劣っているので、私のおすすめはグリーンスムージーです。