数日以上の断食は危険!やるなら専門機関に行こう

ダイエット目的なら、週末の2日間断食や1日断食、半日断食でも十分に効果を得られます。断食でなくても、朝だけスムージーダイエットや夜の置き換えでも十分に痩せられます。

 

しかし、中には断食にハマってしまい、もっと長期間の断食に挑戦したい!という人もいます。そういう人から相談を受けることがあるのですが、長期間の断食を個人で行うのはとても危険です。

 

長期間の断食が危険な理由

数日以上の断食は管理がとても難しく、回復食もしっかり作らなければなりません。

 

数日以上の断食を行った場合、回復食で徐々に体を慣らしていかないとすぐにリバウンドしてしまいます。

 

短期間の断食の場合は回復食をスムージーにして対応したりできますが、長期間の場合はそうもいきません。自己流の場合、

 

  • 低血糖症状
  • 不整脈
  • 腸捻転
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍

 

などが起きる可能性もあり、とても危ないんです。もし一人で断食を行っていて、このような症状が出たら対処できませんよね。

 

なので、長期間の断食を行う場合には、本格的な断食を指導してくれる施設に行かなければなりません。

 

今は断食ブームなので、全国各地に断食施設があります。ただ、中には適当に行っている悪質な場所もあるので、事前に口コミなどをチェックしておくことをおすすめします。

 

長期間の断食が向いている人

普通に痩せたいだけなら、月に2回程度の断食を行うだけで十分です。あとは朝食や夕食をスムージーに置き換えるだけなので、誰でも簡単に実践できます。

 

長期間の断食は、痩せたい人だけでなく、日頃から不健康で体調が悪い人を対象としていることが多いです。

 

  • 働き過ぎで過労気味
  • 長年体調が優れない
  • 都会で疲弊している
  • 病後や手術後に体力の回復をめざす
  • 慢性病に悩まされている
  • 病的な太り方をしている

 

このような人のために、健康を第一に考えて断食をするのが断食施設です。

 

もちろん痩せたいというのも立派な理由なので問題ありませんが、まずは週末プチ断食などに挑戦し、ある程度痩せてから断食施設に訪れる方がいいと思います。

 

入門用の断食道場

最近は断食道場としてオープンしているところが多いので気軽に通えるようになり、入門用として最適な施設もあります。

 

中でもおすすめは、1日〜3日程度の短期間の断食+岩盤浴や温泉が付いているコースです。つらい制限が少なく、楽しみながら行えるのでおすすめです。

 

旅行感覚で行けるので、日頃の疲れを癒やす目的で行く人も多いです。

 

ですが、あくまでも入門用ですし、最大で3日間という短い期間なので、思うほど痩せられません。短期間の場合は定期的に(1ヶ月に2回程度)行う必要があるので、結構費用がかかります。

 

短期間断食なら自宅でもできるので、やはりまずは断食に慣れてから、1週間程度の断食を施設で行うのが最も良い選択だと思います。